Link on this page

<Books>
会計学研究 / 安藤英義, 新田忠誓編著
カイケイガク ケンキュウ

Publisher 東京 : 中央経済社
Year 1993.2
Codes ID=2000477802 NCID=BN08775689

Show details.

Language Japanese
Size 2, 7, 307p ; 22cm
Contents 会計と統計の間 : 統計と区別される会計の本質 / 安藤英義 [執筆]
ヘッジ取引の財務諸表表示法について / 新田忠誓 [執筆]
二つの売上原価間接把握法 / 秋葉国利 [執筆]
静態論の現代的意義 / 五十嵐邦正 [執筆]
ドイツ商法の引当金規定と貸借対照表観 : 費用性引当金概念の拡大をめぐって / 瓶子長幸 [執筆]
資本概念と会計主体観 / 壹岐芳弘 [執筆]
新株引受権付社債と転換社債の発行者側の会計処理の諸問題 / 小宮山賢 [執筆]
シュマーレンバッハ学説における財貨的思考と貨幣的思考 : 旧版から新版への展開のひとつの解釈 / 万代勝信 [執筆]
費用収益対応の原則の意義 / 村田英治 [執筆]
運動貸借対照表論における表示区分 : 表示指向型の思考基盤の検討 / 齋藤真哉 [執筆]
実体資本維持と時点利益 / 松本寛 [執筆]
チェンバース理論における利益計算 : 二つの損益計算書の比較を中心として / 泉宏之 [執筆]
企業会計の現実主体思考と記号主体思考 : ドイツ資金会計論を中心として / 佐々木隆志 [執筆]
簿記の自己完結性 : self-sufficiency / 原俊雄 [執筆]
カレント・コスト会計の本質的意義 : エドワーズ・ベル学説を手がかりにして / 角ヶ谷典幸 [執筆]
リース資産化と損益計算 / 松浦良行 [執筆]
Methode und aufgabe der ermittlung der grundsatze ordnungsmassiger buchfuhrung = 正規の簿記の諸原則抽出の方法とその課題 / 吉田威 [執筆] ; 佐々木隆志訳 ; 新田忠誓監訳
Notes はしがき(安藤英義, 新田忠誓)
森田哲彌(一橋大学教授)の還暦記念論文集として編まれたもの
Authors 安藤, 英義(1943-) 編著 <アンドウ, ヒデヨシ>
新田, 忠誓 編著 <ニッタ, タダチカ>
秋葉, 国利
五十嵐, 邦正(1949-) <イガラシ, クニマサ>
瓶子, 長幸 <ヘイシ, ナガユキ>
壹岐, 芳弘 <イキ, ヨシヒロ>
小宮山, 賢 <コミヤマ, サトシ>
万代, 勝信(1958-) <マンダイ, カツノブ>
村田, 英治(1960-) <ムラタ, エイジ>
齋藤, 真哉(1959-) <サイトウ, シンヤ>
松本, 寛
泉, 宏之(1960-) <イズミ, ヒロユキ>
佐々木, 隆志(1961-) <ササキ, タカシ>
原, 俊雄(1966-) <ハラ, トシオ>
角ヶ谷, 典幸 <ツノガヤ, ノリユキ>
松浦, 良行(1966-) <マツウラ, ヨシユキ>
吉田, 威(1936-1990) <ヨシダ, タケシ>
Subjects BSH:会計
NDLSH:会計学
Classification NDC8:336.9
Vol ISBN:4502126233 ; PRICE:5200円

Hide book details.

Cent.Lib.,Closed Stacks, Books(Japanese)
657/AND 0171709556
4502126233 1993

 Similar Items