このページのリンク

<図書>
構文の意味と拡がり / 天野みどり, 早瀬尚子編
コウブン ノ イミ ト ヒロガリ

出版者 東京 : くろしお出版
出版年 2017.11
コード類 書誌ID=2001720242 NCID=BB24880781

書誌詳細を表示

本文言語 日本語
大きさ vi, 247p ; 21cm
別書名 その他のタイトル:Constructional meaning and its extension
内容注記 総論 : 構文論の最近の展開と今後の展望 / 早瀬尚子 [執筆]
総論 : 日本語研究分野における構文研究 / 天野みどり [執筆]
逸脱表現とアブダクション : 日本語と俳句とハイクとコンクリート・ポエトリー / 有馬道子 [執筆]
分詞表現の談話標識化とその条件 : 懸垂分詞からの構文化例 / 早瀬尚子 [執筆]
日本語の発見構文 / 三宅知宏 [執筆]
日本語恩恵構文の意味の拡がりと構文の関係性 / 益岡隆志 [執筆]
受益構文の意味拡張 : 『恩恵』から『行為要求』へ / 天野みどり [執筆]
構文推意の成立と拡張 : 日本語の助動詞構文を主な例にして / 加藤重広 [執筆]
逸脱的構文から見る中核的現象と周辺的現象との相関 / 大澤舞 [執筆]
イ落ち構文における主語の有無 / 今野弘章 [執筆]
構文としての日本語連体修飾構造 : 縮約節構造を中心に / 本多啓 [執筆]
アメリカ英語における破格構文 : 節の周辺部に注目して / 柴崎礼士郎 [執筆]
フランス語および西ロマンス諸語における「行く」型移動動詞の文法化 / 渡邊淳也 [執筆]
一般注記 欧文タイトルは標題紙裏による
参照文献: 各章末
研究集会「構文の意味と拡がり」(2016年10月8日於大妻女子大学)の研究発表を論文化したものを中心とする
著者標目 天野, みどり(1961-) 編 <アマノ, ミドリ>
早瀬, 尚子(1967-) 編 <ハヤセ, ナオコ>
有馬, 道子(1941-) <アリマ, ミチコ>
三宅, 知宏(1965-) <ミヤケ, トモヒロ>
益岡, 隆志(1950-) <マスオカ, タカシ>
加藤, 重広(1964-) <カトウ, シゲヒロ>
大澤, 舞 <オオサワ, マイ>
今野, 弘章 <コンノ, ヒロアキ>
本多, 啓(1965-) <ホンダ, アキラ>
柴崎, 礼士郎 <シバサキ, レイジロウ>
渡邊, 淳也(1967-) <ワタナベ, ジュンヤ>
件 名 BSH:構文論
分 類 NDC8:801.5
NDC9:801.5
巻冊次 ISBN:9784874247440 ; PRICE:3700円+税

所蔵情報を非表示

本館・開架閲覧室
415/AMA 0182001267
9784874247440 2017
文 言語科学 国語学
415/AMA 0581061096
9784874247440 2017
文 言語科学講座(院生図書)
415/AMA 0581046587 院生図書2017 9784874247440 2017

 類似資料