このページのリンク

<図書>
法思想史の新たな水脈 : 私法の源流へ / 竹下賢, 宇佐美誠編
ホウ シソウシ ノ アラタ ナ スイミャク : シホウ ノ ゲンリュウ エ

出版者 京都 : 昭和堂
出版年 2013.11
コード類 書誌ID=2001609840 NCID=BB14204746

書誌詳細を表示

本文言語 日本語
大きさ xii, 254, iip ; 22cm
別書名 異なりアクセスタイトル:法思想史の新たな水脈 : 私法の源流へ
内容注記 ドイツ近代私法学における三つの自由意思概念 / 筏津安恕 [執筆]
ヘーゲルにおける契約・相互承認・人倫 : 筏津安恕のヘーゲル研究によせて / 今井弘道 [執筆]
筏津法哲学の現代的意義 : 私法思想史を中心として / 青井秀夫 [執筆]
カント私法論の哲学的基礎づけ / 永尾孝雄 [執筆]
モムゼン『利益論』の意義 : 損害差額説の確立とその背景 / 北居功 [執筆]
いわゆる「相続法」の成立について / 佐藤啓子 [執筆]
古代正義思想における継承と転換 : ソクラテス・プラトン・アリストテレス / 宇佐美誠 [執筆]
カントによる「自由の体系」の基礎づけ : 啓蒙期自然法論からの哲学的転向 / 中野邦保 [執筆]
法理念としての国際平和 : ラートブルフから恒藤恭へ / 竹下賢 [執筆]
一般注記 内容: 第I部 「私法思想史 : 筏津安恕の理論をめぐって」(「ドイツ近代私法学における三つの自由意思概念」-「筏津法哲学の現代的意義」), 第II部 「ドイツ近代私法 : 思想と制度をつなぐ」(「カント私法論の哲学的基礎づけ」-「いわゆる「相続法」の成立について」), 第III部 「法思想史の古典 : 古代から現代まで」(「古代正義思想における継承と転換」-「法理念としての国際平和」), 追録・弔辞と業績(「筏津安恕氏への追悼」ペーター・ランダウ, 「畏友筏津安恕君を偲ぶ」三島淑臣)
故筏津安恕教授略歴・業績目録: p248-250
著者標目 *竹下, 賢(1946-) <タケシタ, マサル>
宇佐美, 誠(1966-) <ウサミ, マコト>
筏津, 安恕(1950-) <イカダツ, ヤスヒロ>
今井, 弘道(1944-) <イマイ, ヒロミチ>
青井, 秀夫(1943-) <アオイ, ヒデオ>
永尾, 孝雄 <ナガオ, タカオ>
北居, 功(1961-) <キタイ, イサオ>
佐藤, 啓子(1965-) <サトウ, ヒロコ>
中野, 邦保 <ナカノ, クニヤス>
件 名 NDLSH:筏津, 安恕, 1950-2005
BSH:法律学 -- 歴史  全ての件名で検索
NDLSH:法哲学 -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC8:321.2
NDC9:321.2
NDC9:321.1
巻冊次 ISBN:9784812213421 ; PRICE:5000円+税

所蔵情報を非表示

本館・書庫・和書
340.109/TAK 1280480187
9784812213421 2013
本館・開架閲覧室
340.109/TAK 1280528504
9784812213421 2013

 類似資料