このページのリンク

<図書>
アジア・ディアスポラと植民地近代 : 歴史・文学・思想を架橋する / 緒形康編
アジア・ディアスポラ ト ショクミンチ キンダイ : レキシ・ブンガク・シソウ オ カキョウ スル

出版者 東京 : 勉誠出版
出版年 2013.3
コード類 書誌ID=2001605564 NCID=BB1213235X

書誌詳細を表示

本文言語 日本語
大きさ xxii, 323, 8p ; 22cm
別書名 標題紙タイトル:Asian diasporas and colonial modernity
異なりアクセスタイトル:アジアディアスポラと植民地近代 : 歴史文学思想を架橋する
内容注記 アジア・ディアスポラ : 植民地近代における他者性について考えるとは何か / 緒形康 [執筆]
十六世紀の港湾都市「堺」の記憶と表象 / 樋口大祐 [執筆]
前近代における怪異譚の思想変節をめぐって / 門脇大 [執筆]
近世ユーラシア帝国と十八世紀後半日本の知識人 / 緒形康 [執筆]
自治から自衛への転機 : 龍済光政権の地方自治政策と広東地域エリート / 宮内肇 [執筆]
海を渡る源義経 : 貴公子の悲劇とその語り手の系譜 / 藪本勝治 [執筆]
翻訳から見る昭和の哲学 : 京都学派のエクリチュール / 上原麻有子 [執筆]
日本統治期台湾の女学生像 : 楊千鶴の日本語創作をめぐって / 濱田麻矢 [執筆]
一九三〇年代の封建遺制論争、資本主義論争におけるアジアの影 / 緒形康 [執筆]
幕末勤皇歌研究と時局 / 田中康二 [執筆]
田辺元『懺悔道としての哲学』における転回・理性批判の射程 : ホルクハイマー/アドルノ『啓蒙の弁証法』との比較試論 / 嘉指信雄 [執筆]
白先勇『孽子』と台北 : 移ろいゆく都市の記憶 / 小笠原淳 [執筆]
一般注記 科学研究費補助金(基盤研究(B))(研究課題名: アジア・ディアスポラの転向体験 - 接触空間と植民地主義, 課題番号: 21320022)を受けた研究成果をまとめたもの
内容: 序論: アジア・ディアスポラ, 第1部: 近世(early modern)における植民地主義と言説空間(「十六世紀の港湾都市「堺」の記憶と表象」-「近世ユーラシア帝国と十八世紀後半日本の知識人」), 第2部: 植民地近代のアイデンティティー(「自治から自衛への転機」-「日本統治期台湾の女学生像」), 第3部: 植民地近代から「転向」現象を再考する(「一九三〇年代の封建遺制論争、資本主義論争におけるアジアの影」-「白先勇『孽子』と台北」), あとがき(緒形康), 執筆者一覧, 索引(事項・人名)
著者標目 緒形, 康(1959-) <オガタ, コウ>
樋口, 大祐(1968-) <ヒグチ, ダイスケ>
門脇, 大 <カドワキ, ダイ>
宮内, 肇 <ミヤウチ, ハジメ>
藪本, 勝治(1983-) <ヤブモト, カツハル>
上原, 麻有子 <ウエハラ, マユコ>
濱田, 麻矢(1969-) <ハマダ, マヤ>
田中, 康二(1965-) <タナカ, コウジ>
嘉指, 信雄(1953-) <カザシ, ノブオ>
小笠原, 淳 <オガサワラ, ジュン>
件 名 NDLSH:日本思想 -- 歴史 -- 昭和前期  全ての件名で検索
BSH:アジア(東部) -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:移民・植民 -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:植民地
分 類 NDC9:121.6
巻冊次 ISBN:9784585220527 ; PRICE:4200円+税

所蔵情報を非表示

本館・書庫・和書
304.8/OGA 0181573075
9784585220527 2013

 類似資料