このページのリンク

<図書>
民衆の「知」と宗教 / 澤博勝, 高埜利彦編
ミンシュウ ノ チ ト シュウキョウ
(近世の宗教と社会 ; 3)

出版者 東京 : 吉川弘文館
出版年 2008.9
コード類 書誌ID=2001419133 NCID=BA87127092

書誌詳細を表示

本文言語 日本語
大きさ 11, 260p : 挿図 ; 22cm
別書名 異なりアクセスタイトル:民衆の知と宗教
内容注記 『河内屋可正旧記』の思想的典拠 / 宇野田尚哉 [執筆]
民俗知とは何か : 宗教者概念の再検討 / 小池淳一 [執筆]
神祇不拝の論理と行動 : 近世真宗の宗風をめぐる紛争 / 小林准士 [執筆]
近世民衆の仏教知と信心 : 真宗門徒の〈知〉 / 澤博勝 [執筆]
鹿島神宮における垂加神道の受容 : 神体勧請をめぐって / 綱川歩美 [執筆]
近世後期の地域社会における「神仏分離」騒動 / 引野亨輔 [執筆]
近世後期真宗道場における文化受容 : 越中国射水郡葛葉村名苗家蔵書を素材として / 松金直美 [執筆]
「場」としての大教宣布運動 / 武知正晃 [執筆]
近世民衆の〈知〉と宗教をめぐって / 澤博勝 [執筆]
近世の宗教と社会研究会の活動記録 : あとがきにかえて / 澤博勝文責
一般注記 内容: はじめに(高埜利彦), I: 思想形成と知(「『河内屋可正旧記』の思想的典拠」-「近世民衆の仏教知と信心」), II: 地域のなかの知(「鹿島神宮における垂加神道の受容」-「「場」としての大教宣布運動」), 近世民衆の〈知〉と宗教をめぐって, 近世の宗教と社会研究会の活動記録 -- あとがきにかえて
著者標目 *澤, 博勝 <サワ, ヒロカツ>
高埜, 利彦(1947-) <タカノ, トシヒコ>
宇野田, 尚哉(1967-) <ウノダ, ショウヤ>
小池, 淳一(1963-) <コイケ, ジュンイチ>
小林, 准士 <コバヤシ, ジュンシ>
綱川, 歩美(1980-) <ツナカワ, アユミ>
引野, 亨輔(1974-) <ヒキノ, キョウスケ>
松金, 直美(1979-) <マツカネ, ナオミ>
武知, 正晃(1967-) <タケチ, マサアキ>
件 名 BSH:日本 -- 歴史 -- 江戸時代  全ての件名で検索
BSH:宗教 -- 日本  全ての件名で検索
NDLSH:宗教社会学 -- 論文集  全ての件名で検索
分 類 NDC8:210.5
NDC9:210.5
NDC9:162.1
NDLC:HK33
巻冊次 ISBN:9784642034319 ; PRICE:9300円+税

所蔵情報を非表示

本館・開架閲覧室
952.025/KIN/3 0180824134
9784642034319 2008

 類似資料