このページのリンク

<図書>
ブリッジブック法哲学 / 長谷川晃, 角田猛之編
ブリッジ ブック ホウ テツガク
(ブリッジブックシリーズ)

出版者 東京 : 信山社出版
出版年 2004.9
コード類 書誌ID=2001180174 NCID=BA68938917

書誌詳細を表示

本文言語 日本語
大きさ x, 266, xivp ; 19cm
別書名 標題紙タイトル:Bridgebook
異なりアクセスタイトル:法哲学 : ブリッジブック
内容注記 《法を哲学する》とは? / 角田猛之 [執筆]
ひとはどこまで法に拘束されるのか : さまざまな社会的ルールと法 / 角田猛之 [執筆]
日本の法理論はどこから来たのか : 近代日本法思想史のいくつかの断面 / 長谷川晃 [執筆]
西洋の法理論,法思想を形づくるもの : 歴史,伝統,文化 / 角田猛之 [執筆]
法はどのように解釈・適用されているか : 法律家の思考パターン / 毛利康俊 [執筆]
法的思考はどこまで信頼できるのか : 法的思考をめぐる主流派と反主流派 / 毛利康俊 [執筆]
個人の権利を守ろう : 法的権利の性質と意義 / 森村進 [執筆]
《個人を越えたもの》の存在意義はどこにあるのか : 文化・伝統・共同体の位置づけ / 石山文彦 [執筆]
正義は問われつづけている : 価値の多元化と正義 / 濱真一郎 [執筆]
臓器はいかに分配されるべきか : 社会正義・公序良俗・取引の自由の交錯 / 森村進 [執筆]
科学技術の発展に法はどう向き合うべきか : クローン技術と遺伝子介入の未来 / 桜井徹 [執筆]
「近代法」の地平を超えて : ポストモダン法理論の素描 / 住吉雅美 [執筆]
法を形づくるのは私たち : 法の概念へのパースペクティヴ / 長谷川晃 [執筆]
《法を哲学する》ために / 長谷川晃 [執筆]
小論文のすすめ / 長谷川晃, 角田猛之 [執筆]
一般注記 執筆者: 石山文彦, 桜井徹, 住吉雅美, 角田猛之, 長谷川晃, 濱真一郎, 毛利康俊, 森村進
あとがき(長谷川晃, 角田猛之)
ステップアップ: 各講末
2009年刊第3刷のISBNは9784797223309
著者標目 長谷川, 晃(1954-) 編 <ハセガワ, コウ>
角田, 猛之 編 <ツノダ, タケシ>
石山, 文彦(1961-) <イシヤマ, フミヒコ>
桜井, 徹(1960-) <サクライ, テツ>
住吉, 雅美(1961-) <スミヨシ, マサミ>
濱, 真一郎(1968-) <ハマ, シンイチロウ>
毛利, 康俊(1962-) <モウリ, ヤストシ>
森村, 進(1955-) <モリムラ, ススム>
件 名 BSH:法哲学
分 類 NDC9:321.1
巻冊次 ISBN:9784797223156 ; PRICE:2100円 ; XISBN:4797223154 ; XISBN:9784797223309

所蔵情報を非表示

本館・書庫・和書
340.1/BRI 1291002396
4797223154 2004
本館・開架閲覧室
340.1/BRI 0180160836
4797223154 2004
本館・開架閲覧室
340.1/BRI 0180831496
9784797223156 2004
北図書館・書庫・図書(書庫1-3層)
340.1/BRI 0280111133
4797223154 2004

 類似資料