このページのリンク

<図書>
文化財学の構想 / 三輪嘉六編
ブンカザイガク ノ コウソウ

出版者 東京 : 勉誠出版
出版年 2003.3
コード類 書誌ID=2001113040 NCID=BA61487128

書誌詳細を表示

本文言語 日本語
大きさ 187p ; 20cm
内容注記 文化財の保存と活用 / 三輪嘉六 [述]
和紙 : その利用について / 湯山賢一 [述]
和紙の修復と保存 / 岡岩太郎 [述]
彫刻 : 主としてその活用について / 副島弘道 [述]
彫刻修理の現状と課題 / 奥健夫 [述]
建築文化財の現在 / 藤井恵介 [述]
建築文化財の活用 / 渡邊保弘 [述]
総合討論 : 文化財の保存・修理と活用の方向 / 三輪嘉六司会 ; 岡岩太郎 [ほか] パネラー
醍醐寺における文化財管理 / 長瀬福男 [執筆]
中世寺院における「書様」と料紙 : 特に「強杉原」に注目して / 永村眞 [執筆]
中世寺院にみる紙の利用について : 「大乗院寺社雑事記」を通して / 藤井雅子 [執筆]
一般注記 総合討論「文化財の保存・修理と活用の方向」その他のパネラー: 湯山賢一, 副島弘道, 奥健夫, 藤井恵介, 渡邊保弘, 長瀬福男
日本女子大学文学部主催シンポジウム「文化財学の課題 --保存と活用-- 」 (平成13年11月25日) の成果をまとめたもの
内容: I: はじめに(シンポジウム開催にあたり(後藤祥子), シンポジウム開催に寄せて(仲田順和), 文化財の保存と活用), II: 研究報告(一「和紙」-六「建築文化財の活用」), III: 総合討論 文化財の保存・修理と活用の方向, IV: 補論(一「醍醐寺における文化財管理」-三「中世寺院にみる紙の利用について」), 編集後記(永村眞, 梅澤亜希子)
著者標目 *三輪, 嘉六(1938-) 編 <ミワ, カロク>
湯山, 賢一(1945-) <ユヤマ, ケンイチ>
岡, 岩太郎 <オカ, イワタロウ>
副島, 弘道(1952-) <ソエジマ, ヒロミチ>
奥, 健夫(1964-) <オク, タケオ>
藤井, 恵介 <フジイ, ケイスケ>
渡邊, 保弘
長瀬, 福男
永村, 真(1948-) <ナガムラ, マコト>
藤井, 雅子(1970-) <フジイ, マサコ>
件 名 BSH:文化財保護
分 類 NDC8:709.1
NDC9:709.1
巻冊次 ISBN:4585030972 ; PRICE:2700円

所蔵情報を非表示

本館・書庫・和書
702.8/MI 0571790830
4585030972 2003

 類似資料