このページのリンク

<図書>
漢字論 : 不可避の他者 / 子安宣邦著
カンジロン : フカヒ ノ タシャ

出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2003.5
コード類 書誌ID=2001101057 NCID=BA62155407

書誌詳細を表示

本文言語 日本語
大きさ vii, 234, 6p ; 20cm
別書名 奥付タイトル:漢字論
内容注記 第1章: 「漢語」とは何か
第2章: 『古事記』 : この漢字書記テクスト
第3章: 他者受容と内部の形成 : 漢文訓読のイデオロギー
第4章: 翻訳語としての近代漢語 : 「倫理」概念の成立とその行方
第5章: 漢字と「国語の事実」 : 時枝言語過程説の成立
第6章: 漢字と自言語認識 : 国語と日本語と
一般注記 初出一覧: p234
人名索引・書名索引: 巻末
著者標目 子安, 宣邦(1933-) <コヤス, ノブクニ>
件 名 NDLSH:漢字
NDLSH:日本語 -- 歴史  全ての件名で検索
NDLSH:時枝, 誠記(1900-1967)
分 類 NDC8:811.2
NDC9:811.2
巻冊次 ISBN:4000224328 ; PRICE:2700円+税

所蔵情報を非表示

文 中国文化論
495.6/KO 0571782841
4000224328 2003

 類似資料