このページのリンク

<図書>
日蓮教学とその周辺 / 立正大学日蓮教学研究所編
ニチレン キョウガク ト ソノ シュウヘン

出版者 東京 : 山喜房佛書林
出版年 1993.10
コード類 書誌ID=2000553379 NCID=BN11222859

書誌詳細を表示

本文言語 日本語
大きさ 721,18,27p ; 22cm
内容注記 法華経本門所説の「一心」と「弘通」について / 上田本昌著
日蓮聖人の「霊鷲山」をめぐって / 望月海淑著
大般涅槃経における「持戒と護法」 / 浅井円道著
観心本尊抄「己心三千具足三種世間」考 / 庵谷行亨著
日蓮聖人の女人成仏について : 法華経の成仏の文証に関して / 桑名貫正著
日蓮の「阿闍世」解釈について / 原愼定著
日蓮聖人に於ける「三障四魔」の一考察 : 釈尊観を考察する過程に於て / 高橋俊隆著
「事」の法門の研究 : その宗教的意義と問題点 / 小沢恵修著
日蓮聖人における法華経信仰者の「死」への祈り : 南条氏の法華経信仰をとおして / 塩田宝裕著
日蓮聖人の娑婆浄土思想について / 笹津海道著
最蓮房伝考檢 / 宮崎英修著
日蓮聖人の書簡について : 解釈上の二三の問題 / 今成元昭著
『十王讃歎鈔』と『十王讃嘆修善鈔』 / 松村寿厳著
『延山録外』収録の『撰時抄』異本をめぐって / 寺尾英智著
安房清澄山求聞持法行者の系譜 : 清澄寺宗旨再考 / 窪田哲正著
『本門戒体見聞』について / 大平宏龍著
近世前期河内三田家の法華信仰 / 冠賢一著
近世日蓮宗教団宗教騒動譚 : 勝劣派本成寺教団を中心に / 坂本勝成著
禁制不受不施派の諸派 : 下総・不見派を中心として / 加川治良著
幕末期の社会と法華信仰 : 江戸城大奥女性の旗曼荼羅信仰を中心に / 望月真澄著
西渓壇林義録目録 / 秋山智孝著
優陀那和上の法華礼誦法要式について / 本田榮秀著
小川泰堂の念仏批判 : 『曲林一斧』について / 石川教張著
近代日蓮教団の立教開宗記念活動 : 田中智学・本多日生・加藤文雅を中心に / 安中尚史著
明治期に於ける日什門流資料 : 特に板垣日暎に関する請願書 / 中村孝也著
加治時次郎の宗教活動 : 日蓮主義への転向, 晩年の事蹟について / 浜島典彦著
大正四年奉献本尊をめぐって : 近代日蓮宗の動向 / 高橋謙祐著
法華経における普賢菩薩と神変思想 / 勝呂信静著
法華経における上慢の四衆との関係より見たる菩薩行 / 伊藤瑞叡著
法華経に示す難解の法の意味について / 石川教道著
思益梵天所問経について : 方等部教説の一斑 / 河村孝照著
『瑜伽師地論』の菩薩地に関する一考察 : 十三住階位説再考 / 清水海隆著
梵文法華経写本研究覚え書 : 序品 / 塚本啓祥著
著者標目 立正大学日蓮教学研究所 <リッショウ ダイガク ニチレン キョウガク ケンキュウジョ>
件 名 NDLSH:日蓮宗
分 類 NDC8:188.9
NDLC:HM181
巻冊次 PRICE:15450円

所蔵情報を非表示

本館・書庫・和書
294.3928/RI 0570756881

1993

 類似資料