このページのリンク

<図書>
大坂城の諸研究 / 岡本良一編
オオサカジョウ ノ ショケンキュウ
(日本城郭史研究叢書 ; 第8巻)

出版者 東京 : 名著出版
出版年 1982.12
コード類 書誌ID=2000249744 NCID=BN00885796

書誌詳細を表示

本文言語 日本語
大きさ 2冊 (付録共) ; 22cm
内容注記 [正]: 石山本願寺考 / 山根徳太郎 [執筆]
石山本願寺と法安寺 / 岡本良一 [執筆]
豊臣時代大坂城「本丸図」と「真田丸」について / 北垣總一郎 [執筆]
豊臣氏時代の城下町大坂 / 中部よし子 [執筆]
豊臣時代大坂城の三の丸と惣構について : 『僊台武鑑』所収「大坂冬の陣配陣図」を中心に / 渡辺武 [執筆]
大坂城金箔瓦に関する基礎的考察 / 中村博司 [執筆]
江戸時代大坂城天守の建築構成 / 松岡利郎 [執筆]
大坂城石垣符号について / 藤井重夫 [執筆]
徳川期大坂城再築工事の経過について / 内田九州男 [執筆]
大坂城南外濠濠底遺構発掘調査 / 秋山進午 [執筆]
一般注記 内容: はじめに(岡本良一), 第一編: 石山本願寺の考察(「石山本願寺考」, 「石山本願寺と法安寺」), 第二編: 豊臣時代の大坂城(「豊臣時代大坂城「本丸図」と「真田丸」について」-「大坂城金箔瓦に関する基礎的考察」), 第三編: 徳川政権下の大坂城(「江戸時代大坂城天守の建築構成」-「徳川期大坂城再築工事の経過について」), 第四編: 大坂城址の発掘調査とその展望(「大坂城南外濠濠底遺構発掘調査」), 執筆者紹介
付(図7枚 袋入): 江戸時代大坂城天守の建築構成
著者標目 *岡本, 良一(1913-1988) 編 <オカモト, リョウイチ>
山根, 徳太郎(1889-1973) <ヤマネ, トクタロウ>
北垣, 聰一郎(1939-) <キタガキ, ソウイチロウ>
中部, よし子(1922-) <ナカベ, ヨシコ>
渡辺, 武(1937-) <ワタナベ, タケル>
中村, 博司 <ナカムラ, ヒロシ>
松岡, 利郎(1948-) <マツオカ, トシロウ>
藤井, 重夫(1928-) <フジイ, シゲオ>
内田, 九州男(1945-) <ウチダ, クスオ>
秋山, 進午(1933-) <アキヤマ, シンゴ>
件 名 NDLSH: -- 歴史  全ての件名で検索
NDLSH:大阪城
分 類 NDC8:210.1
NDLC:GB97
NDLC:KA372
巻冊次 [正] ; PRICE:4800円
付録

所蔵情報を非表示

本館・書庫・和書
720.951/NI 0511415371

1982

 類似資料