このページのリンク

<図書>
経済学史の方法と問題 / 高木暢哉編著
ケイザイガクシ ノ ホウホウ ト モンダイ

出版者 京都 : ミネルヴァ書房
出版年 1978.5
コード類 書誌ID=2000132085 NCID=BN00540943

書誌詳細を表示

本文言語 日本語
大きさ ix, 414p ; 22cm
内容注記 経済学史の意義と方法 / 高木暢哉 [執筆]
トマス・マンの『東インド貿易論』 / 遠山馨 [執筆]
ジョン・スミス経済理論の構造 / 相見志郎 [執筆]
ジェイムズ・ステュアートにおける「商業社会」と信用 / 川島信義 [執筆]
ケネーにおける所得分配と楽観主義 / 狹田喜義 [執筆]
アダム・スミス政治経済学体系と国家の問題 / 広渡貞喜 [執筆]
アダム・スミス政治経済学体系についての一考察 : 『国富論』後半体系について / 小柳公洋 [執筆]
ジェイムズ・ミルと古典派自由貿易論 / 岡茂男 [執筆]
リカァドゥの資本蓄積論 / 中村廣治 [執筆]
ジョン・ステュアート・ミルの資本蓄積論 / 荒牧正憲 [執筆]
国民経済学批判の視座 / 佐藤誠 [執筆]
『経済学批判要綱』における剰余価値論の展開と歴史認識の深化 / 越智保則 [執筆]
『資本論』の基本構造 : 一つの問題提起 / 宮崎喜代司 [執筆]
資本蓄積論について / 阿部眞也 [執筆]
ヒルファディング『金融資本論』の理論的特質 / 野田弘英 [執筆]
レーニン『帝国主義論』における方法上の特質 / 鈴木芳徳 [執筆]
一般注記 内容: 執筆者一覧, はしがき(高木暢哉), 第一編: 経済学史の意義と方法, 第二編: 経済学の形成過程(第一章「トマス・マンの『東インド貿易論』」-第四章「ケネーにおける所得分配と楽観主義」), 第三編: 古典派経済学の成立と展開(第一章「アダム・スミス政治経済学体系と国家の問題」-第五章「ジョン・ステュアート・ミルの資本蓄積論」), 第四編: マルクスの経済学体系(第一章「経済学批判体系の生成過程」(一「国民経済学批判の視座」, 二「『経済学批判要綱』における剰余価値論の展開と歴史認識の深化」), 第二章「『資本論』体系の諸問題」(一「『資本論』の基本構造」, 二「資本蓄積論について」)), 第五編: マルクス経済学の展開と現代(第一章「ヒルファディング『金融資本論』の理論的特質」, 第二章「レーニン『帝国主義論』における方法上の特質」), 編者紹介
著者標目 高木, 暢哉(1910-1981) 編著 <タカギ, ノブヤ>
遠山, 馨(1928-) <トオヤマ, カオル>
相見, 志郎(1918-) <アイミ, シロウ>
川島, 信義(1931-) <カワシマ, ノブヨシ>
狭田, 喜義(1921-) <ハサダ, キヨシ>
広渡, 貞喜 <ヒロワタリ, サダヨシ>
小柳, 公洋(1941-) <コヤナギ, キミヒロ>
岡, 茂男(1920-) <オカ, シゲオ>
中村, 広治(1931-) <ナカムラ, ヒロジ>
荒牧, 正憲(1928-) <アラマキ, マサノリ>
佐藤, 誠(1944-) <サトウ, マコト>
越智, 保則 <オチ, ヤスノリ>
宮崎, 喜代司 <ミヤザキ, キヨシ>
阿部, 真也(1932-) <アベ, シンヤ>
野田, 弘英(1941-) <ノダ, ヒロヒデ>
鈴木, 芳徳(1937-) <スズキ, ヨシノリ>
件 名 NDLSH:経済学 -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC8:331.2
NDC6:331.2
NDLC:DA4
巻冊次 PRICE:2700円

所蔵情報を非表示

本館・書庫・和書
330.9/TAKA 1710581902

1978

 類似資料