Link on this page

<Books>
史的唯物論と社会構成体論争 / ラ・パンセ編集委員会編 ; 大枝秀一訳
シテキ ユイブツロン ト シャカイ コウセイタイ ロンソウ

Publisher 東京 : 大月書店
Year 1973
Codes ID=2000060397 NCID=BN0122002X

Show details.

Language Japanese
Size 235p ; 20cm
Notes 『ラ・パンセ』第159号(1971年9-10月)に収録されたエミリオ・セレーニの論文をめぐる討論の全訳
内容:マルクスからレーニンへ-《経済的社会構成体》のカテゴリー(エミリオ・セレーニ) 生産様式・経済的社会構成体・移行理論-レーニンについて(クリスチーヌ・グルックマン) 物神崇拝に反対する(ルネ・ガリソ) 諸生産様式の組合せとしての経済的社会構成体(ギイ・ドクワ) 概念規定の不一致(ジャック・テクシェ) 一経済学者の立場(フィリップ・エルツォーク) 経済概念の規定(ピエール・グルエ) 生産様式と経済的社会構成体の概念についての四つの考察(ジョルジュ・ラビカ) 「経済的社会構成体」を規定することはどういうことか?-インカの例(モーリス・ゴドリエ) 解説(大枝秀一)
Authors ラ・パンセ編集委員会 <ラ パンセ ヘンシユウ イインカイ>
大枝, 秀一 <オオエダ, シュウイチ>
Subjects NDLSH:社会 -- 歴史  All Subject Search
NDLSH:唯物史観
Classification NDC6:362
NDLC:EA8
Vol PRICE:1000円

Hide book details.

Cent.Lib.,Closed Stacks, Books(Japanese)
335.4/P 1710650415

1973
Agriculture, Shinrin seisaku N311
335.411/LAP 4010655260

1973
Agriculture, Nogyo shijo
335.411/RAP 4010654361

1973

 Similar Items