Link on this page

<Books>
カール・シュミットの法思想 : ブルジョア法とファシズムの間 / インゲボルク・マウス著 ; 今井弘道, 筏津安恕, 住吉雅美訳
カール ・ シュミット ノ ホウ シソウ : ブルジョア ホウ ト ファシズム ノ アイダ

Publisher 東京 : 風行社
Publisher 東京 : 開文社出版(発売)
Year 1993.1
Codes ID=2000477290 NCID=BN08721930

Show details.

Language Japanese
Size xxv, 323, xiiip ; 20cm
Other titles original title:Bürgerliche Rechtstheorie und Faschismus : zur sozialen Funktion und aktuellen Wirkung der Theorie Carl Schmitts
Notes 原著第2版の翻訳
Authors Maus, Ingeborg
今井, 弘道(1944-) <イマイ, ヒロミチ>
筏津, 安恕(1950-) <イカダツ, ヤスヒロ>
住吉, 雅美(1961-) <スミヨシ, マサミ>
Subjects BSH:Schmitt, Carl
LCSH:Schmitt, Carl, 1888-
NDLSH:法律学 -- 歴史 -- ドイツ  All Subject Search
NDLSH:憲法 -- ドイツ  All Subject Search
Classification NDC8:321.234
Vol ISBN:4938662116

Hide book details.

Cent.Lib.,Closed Stacks, Books(Japanese)
342/MAU 0171684262
4938662116 1993

 Similar Items