このページのリンク

<図書>
メディア・リテラシーの現在 (いま) : 公害/環境問題から読み解く / 池田理知子編著
メディア リテラシー ノ イマ : コウガイ カンキョウ モンダイ カラ ヨミトク
(「シリーズ」メディアの未来 ; 3)

出版者 京都 : ナカニシヤ出版
出版年 2013.5
コード類 書誌ID=2001606927 NCID=BB12600629

書誌詳細を表示

本文言語 日本語
大きさ viii, 248p : 挿図, 地図 ; 19cm
別書名 標題紙タイトル:Media literacy
異なりアクセスタイトル:メディアリテラシーの現在 : 公害環境問題から読み解く
内容注記 公害/環境問題とメディアの接点 : 螺旋状に広がる沈黙の輪を断ち切るために / 池田理知子 [執筆]
メディアと教育 : メディアとしての私たち / 板場良久 [執筆]
メディア・リテラシー再考 : 物語と現実のはざまで / 田仲康博 [執筆]
毒ガスの行方 : 沖縄の毒ガス移送問題から考える「他者」との連帯 / 上原こずえ [執筆]
「ヒバクシャ」の声はなぜ聞こえないのか : マーシャル諸島の人びとが伝えたいこと / 中原聖乃 [執筆]
メディアとしての原子力/メディアのなかの原子力 : 米軍占領下の沖縄における「原子力発電」計画の意味 / 徳田匡 [執筆]
コミュニケーションを可能/不可能にする語りの場 : 「当事者」への期待から「当事者性」の獲得へ / 池田理知子 [執筆]
テレビドキュメンタリー・アーカイブとその可能性 : 記録と記憶としての「水俣」のテレビドキュメンタリー / 小林直毅 [執筆]
パブリックディベートの可能性 : 議論不在の状況を乗り越えるために / 師岡淳也, 青沼智 [執筆]
オルタナティブ・メディアの生成 : ドキュメンタリー The Return of Navajo Boy とその試み / 山城雅江 [執筆]
メディアとしてのミュージアム : 公害資料館へのまなざし / 池田理知子 [執筆]
「市民ゲリラ」養成講座 : 3人の「市民ゲリラ」から3.11以降の生き方を探る / 池田理知子, 田仲康博 [執筆]
一般注記 内容: まえがき(池田理知子), 第I部: メディア・リテラシーの意味(第1章「公害/環境問題とメディアの接点」-第3章「メディア・リテラシー再考」), 第II部: メディアによってつくられる「現実」(第4章「毒ガスの行方」-第6章「メディアとしての原子力/メディアのなかの原子力」), 第III部: 関係性をつくりだすメディア(第7章「コミュニケーションを可能/不可能にする語りの場」」-第11章「メディアとしてのミュージアム」), 第IV部: 日常のなかのメディア・リテラシー(第12章「「市民ゲリラ」養成講座」), 事項索引, 人名索引, 執筆者紹介
引用・参考文献: 各章末
著者標目 *池田, 理知子 編著 <イケダ, リチコ>
板場, 良久(1964-) <イタバ, ヨシヒサ>
田仲, 康博(1954-) <タナカ, ヤスヒロ>
Uehara, Kozue
中原, 聖乃(1965-) <ナカハラ, サトエ>
徳田, 匡 <トクダ, マサシ>
小林, 直毅(1955-) <コバヤシ, ナオキ>
師岡, 淳也 <モロオカ, ジュンヤ>
青沼, 智 <アオヌマ, サトル>
山城, 雅江(1972-) <ヤマシロ, マサエ>
件 名 BSH:メディアリテラシー
BSH:公害
BSH:環境問題
NDLSH:マスコミュニケーションと社会
NDLSH:マスメディア
分 類 NDC8:361.45
NDC9:361.453
巻冊次 ISBN:9784779506130 ; PRICE:2400円+税

所蔵情報を非表示

本館・開架閲覧室
302.23/SER/3 0181602296
9784779506130 2013
北図書館・東棟3階
302.23/SER/3 0280835711
9784779506130 2013

 類似資料