このページのリンク

<図書>
気候変動政策の社会学 : 日本は変われるのか / 長谷川公一, 品田知美編
キコウ ヘンドウ セイサク ノ シャカイガク : ニホン ワ カワレル ノカ

出版者 京都 : 昭和堂
出版年 2016.7
コード類 書誌ID=2001685988 NCID=BB21506133

書誌詳細を表示

本文言語 日本語
大きさ xix, 270, vp : 挿図 ; 19cm
内容注記 世界のなかの日本 : 気候変動対策の政策過程 / ジェフリー・ブロードベント, 佐藤圭一 [執筆]
環境研究における学問間の連携 / 喜多川進 [執筆]
政策形成に関わるのは誰か : 政策体系を生み出してきたメカニズム / 佐藤圭一 [執筆]
ネットワーク分析とブロック・モデリング / 佐藤圭一 [執筆]
メディアはどう扱ってきたか : 新聞と出来事を織り込む / 池田和弘 [執筆]
環境の課題と機能分化社会 / 池田和弘 [執筆]
規制的政策はどう制度化されたのか : 環境税をめぐる言説ネットワークの変容 / 辰巳智行, 中澤高師 [執筆]
エコロジー的近代化 / 中澤高師 [執筆]
産業界の自主的取り組みという気候変動政策の意味 / 野澤淳史 [執筆]
環境正義 / 野澤淳史 [執筆]
気候変動問題はいかに原子力と連結されたのか / 品田知美 [執筆]
リスク社会論は「リスク科学」とどうちがうか / 品田知美 [執筆]
温暖化懐疑論はどのように語られてきたのか / 藤原文哉, 喜多川進 [執筆]
環境政策と政治 : 保守陣営による環境政策推進とその背景 / 喜多川進 [執筆]
日本は気候変動と戦っているのか : 国際貢献と戦後日本的対応の意味論 / 池田和弘 [執筆]
大きな物語より小さな思考の積み重ねを / 池田和弘 [執筆]
脱炭素社会への転換を : パリ協定採択を受けて / 長谷川公一 [執筆]
一般注記 はじめに(長谷川公一), あとがき(品田知美, 長谷川公一)
参考文献: p255-270
索引あり
著者標目 長谷川, 公一(1954-) <ハセガワ, コウイチ>
品田, 知美(1964-) <シナダ, トモミ>
Broadbent, Jeffrey, 1944-
佐藤, 圭一(1984-) <サトウ, ケイイチ>
喜多川, 進 <キタガワ, ススム>
池田, 和弘(1977-) <イケダ, カズヒロ>
辰巳, 智行 <タツミ, トモユキ>
中澤, 高師 <ナカザワ, タカシ>
野澤, 淳史 <ノザワ, アツシ>
藤原, 文哉 <フジハラ, フミヤ>
件 名 BSH:環境行政 -- 日本  全ての件名で検索
BSH:地球温暖化
NDLSH:環境政策 -- 日本  全ての件名で検索
NDLSH:環境社会学
NDLSH:気候変化
分 類 NDC8:519.1
NDC9:519.1
巻冊次 ISBN:9784812215531 ; PRICE:2500円+税

所蔵情報を非表示

本館・開架閲覧室
363.738/HAS 0181877016
9784812215531 2016

 類似資料