このページのリンク

<図書>
近代日本文化の再発見 / 松永昌三編
キンダイ ニホン ブンカ ノ サイハッケン

出版者 東京 : 岩田書院
出版年 2006.1
コード類 書誌ID=2001371606 NCID=BA75710919

書誌詳細を表示

本文言語 日本語
大きさ 313p : 挿図 ; 22cm
内容注記 中江兆民にみられる「理義」と「利益」 / 松永昌三 [執筆]
明治前期東京府の遊芸人税 / 矢島ふみか [執筆]
近代日本の時報 : 皇居の午砲を中心として / 浦井祥子 [執筆]
石川三四郎の思想形成と伝統思想 / 後藤彰信 [執筆]
目的と手段 : 占領下「民主主義」論に関する一考察 / 栗田尚弥 [執筆]
『中国新聞』とヒロシマの「平和運動」 / 大島香織 [執筆]
失われた漢字文化 : プランゲ文庫をテキストにして / 古屋延子 [執筆]
占領下日本における検閲地域の変遷 / 中司文男 [執筆]
「プランゲ文庫」と占領期研究 / 植山淳 [執筆]
日本における地域社会の展開過程 : 歴史と地域振興思想の登場 / 河野健男 [執筆]
門司港の石炭荷役労働 : 明治~昭和二〇年代を中心として / 来島浩 [執筆]
一般注記 内容: まえがき(栗田尚弥), 第一部: 明治文化の諸相(「中江兆民にみられる「理義」と「利益」」-「石川三四郎の思想形成と伝統思想」), 第二部: 占領期の文化(「目的と手段」-「「プランゲ文庫」と占領期研究」), 第三部: 地域社会への視座(「日本における地域社会の展開過程」, 「門司港の石炭荷役労働」), あとがき(松永昌三), 編者紹介, 執筆者紹介
松永昌三先生古希記念論文集
参考文献あり
著者標目 *松永, 昌三(1932-) 編 <マツナガ, ショウゾウ>
矢島, ふみか(1971-) <ヤジマ, フミカ>
浦井, 祥子(1970-) <ウライ, サチコ>
後藤, 彰信 <ゴトウ, アキノブ>
栗田, 尚弥 <クリタ, ヒサヤ>
大島, 香織(1970-) <オオシマ, カオリ>
古屋, 延子(1956-) <フルヤ, ノブコ>
中司, 文男(1956-) <ナカツカサ, フミオ>
植山, 淳(1962-) <ウエヤマ, アツシ>
河野, 健男(1950-) <コウノ, タケオ>
来島, 浩(1944-) <キジマ, ヒロシ>
件 名 NDLSH:日本 -- 歴史 -- 明治以後 -- 論文集  全ての件名で検索
NDLSH:松永, 昌三, 1932-
BSH:日本 -- 歴史 -- 近代  全ての件名で検索
FREE:松永, 昌三
分 類 NDC8:210.6
NDC9:210.6
巻冊次 ISBN:4872944178 ; PRICE:7900円+税

所蔵情報を非表示

本館・書庫・和書
952/MAT 0580268904
4872944178 2006

 類似資料