このページのリンク

<図書>
鎌倉仏教の思想と文化 / 中尾堯編
カマクラ ブッキョウ ノ シソウ ト ブンカ

出版者 東京 : 吉川弘文館
出版年 2002.12
コード類 書誌ID=2001113176 NCID=BA60176348

書誌詳細を表示

本文言語 日本語
大きさ 6, 358p ; 22cm
内容注記 院政期の写経とその儀礼 / 中尾堯 [執筆]
平安・鎌倉期の大安寺の動向 / 追塩千尋 [執筆]
白河天皇による神事と仏事 / 三橋正 [執筆]
持経者と念仏者 / 菊地大樹 [執筆]
日蓮のエゾ認識とその歴史的意義 / 佐々木馨 [執筆]
日蓮の神祇観 / 佐藤弘夫 [執筆]
親鸞思想の倫理性について / 忍関崇 [執筆]
「善政」の系譜 : 「撫民」に即して / 市川浩史 [執筆]
中世後期の本覚思想 / 曽根原理 [執筆]
中世醍醐寺の教相と論議 / 永村眞 [執筆]
『大乗院寺社雑事記』に見える記録の構造 / 松薗斉 [執筆]
『呪賊經』流傳 / 落合俊典 [執筆]
日蓮書写の覚鑁『五輪九字明秘密釈』について : 日蓮伝の検討 / 寺尾英智 [執筆]
親鸞の思想を語るに消息集は再検討されるべきこと / 遠藤美保子 [執筆]
鎌倉時代における『本朝文粋』願文部の享受について / 中尾真樹 [執筆]
一般注記 内容: はじめに(中尾堯), I: 古代仏教の継承と展開(「院政期の写経とその儀礼」-「持経者と念仏者」), II: 仏教思想の特質とその継承(「日蓮のエゾ認識とその歴史的意義」-「中世後期の本覚思想」), III: 経典と聖教の創出と享受(「中世醍醐寺の教相と論議」-「鎌倉時代における『本朝文粋』願文部の享受について」), あとがき(佐々木馨文責), 執筆者紹介, 編者略歴
「中世の寺院体制と社会」<BA6016923X>と姉妹編となる論集
著者標目 中尾, 尭(1931-) 編 <ナカオ, タカシ>
追塩, 千尋(1949-) <オイシオ, チヒロ>
三橋, 正(1960-2014) <ミツハシ, タダシ>
菊地, 大樹(1968-) <キクチ, ヒロキ>
佐々木, 馨(1946-) <ササキ, カオル>
佐藤, 弘夫(1953-) <サトウ, ヒロオ>
忍関, 崇 <ニンゼキ, タカシ>
市川, 浩史(1956-) <イチカワ, ヒロフミ>
曽根原, 理(1961-) <ソネハラ, サトシ>
永村, 真(1948-) <ナガムラ, マコト>
松薗, 斉(1958-) <マツゾノ, ヒトシ>
落合, 俊典(1948-) <オチアイ, トシノリ>
寺尾, 英智(1957-) <テラオ, エイチ>
遠藤, 美保子(1960-) <エンドウ, ミホコ>
中尾, 真樹(1964-) <ナカオ, マサキ>
件 名 BSH:仏教 -- 日本  全ての件名で検索
NDLSH:仏教 -- 日本 -- 歴史 -- 鎌倉時代 -- 論文集  全ての件名で検索
分 類 NDC8:182.1
NDC9:182.1
巻冊次 ISBN:4642028161 ; PRICE:8500円+税

所蔵情報を非表示

本館・書庫・和書
294.3/NA 0571791102
4642028161 2002

 類似資料