このページのリンク

<図書>
鎌倉仏教の様相 / 高木豊, 小松邦彰編
カマクラ ブッキョウ ノ ヨウソウ

出版者 東京 : 吉川弘文館
出版年 1999.3
コード類 書誌ID=2000779216 NCID=BA41129340

書誌詳細を表示

本文言語 日本語
大きさ 5, 463p ; 22cm
内容注記 「鎌倉新仏教」という名辞 / 石塚純一 [執筆]
「宗」のゆくえ : 覚憲・明恵・凝然の歴史意識 / 市川浩史 [執筆]
安居院聖覚の言説をめぐる / 小峯和明 [執筆]
栄西における兼修禅の性格 / 船岡誠 [執筆]
天照大神の変貌 : 「日本国主天照大神」観の形成 / 佐藤弘夫 [執筆]
女人往生における二つの論理 / 佐々木馨 [執筆]
大和国の宗教地図 : 笠置山地・吉野と奈良盆地の関わりを中心に / 上田さち子 [執筆]
中世前期の茨城県北部における浄土教的世界 / 堤禎子 [執筆]
中世天台僧の学習 : 青春の日蓮と重ね合わせて / 高木豊 [執筆]
日蓮誕生論 : 鎌倉新仏教における人権思想の萌芽 / 大久保雅行 [執筆]
日蓮撰『注法華経』の一考察 / 小松邦彰 [執筆]
『法華取要抄』の成立 / 都守基一 [執筆]
中世日本仏教にみる女人救済の諸相 : 日蓮を中心にして / 三輪是法 [執筆]
増補・天山ウイグル王の肖像をめぐって / 梅村坦 [執筆]
一般注記 まえがき(高木豊), 鎌倉仏教の展開(「「鎌倉新仏教」という名辞」-「中世前期の茨城県北部における浄土教的世界」), 日蓮のなかの鎌倉仏教(「中世天台僧の学習」-「増補・天山ウイグル王の肖像をめぐって」), あとがき(小松邦彰)
高木豊の古希を記念した論集
著者標目 高木, 豊(1928-1999) 編 <タカギ, ユタカ>
小松, 邦彰(1938-) 編 <コマツ, クニアキ>
石塚, 純一(1948-) <イシズカ, ジュンイチ>
市川, 浩史(1956-) <イチカワ, ヒロフミ>
小峯, 和明(1947-) <コミネ, カズアキ>
船岡, 誠(1946-) <フナオカ, マコト>
佐藤, 弘夫(1953-) <サトウ, ヒロオ>
佐々木, 馨(1946-) <ササキ, カオル>
上田, さち子(1936-) <ウエダ, サチコ>
堤, 禎子(1944-) <ツツミ, テイコ>
大久保, 雅行(1951-) <オオクボ, マサユキ>
都守, 基一(1961-) <ツモリ, キイチ>
三輪, 是法(1964-) <ミワ, ゼホウ>
梅村, 坦(1946-) <ウメムラ, ヒロシ>
件 名 NDLSH:日蓮(1222-1282)
NDLSH:仏教 -- 日本 -- 歴史 -- 鎌倉時代  全ての件名で検索
分 類 NDC8:182.1
NDC9:182.1
巻冊次 ISBN:4642027742 ; PRICE:¥12000

所蔵情報を非表示

本館・書庫・和書
294.3/TA 0571360816
4642027742 1999
文 インド哲学
294.3/TA 0571342814
4642027742 1999

 類似資料