このページのリンク

<図書>
東アジア家族法における当事者間の合意を考える : 歴史的背景から子の最善の利益をめざす家事調停まで / 稲田龍樹編著
ヒガシアジア カゾク ホウ ニオケル トウジシャカン ノ ゴウイ オ カンガエル : レキシテキ ハイケイ カラ コ ノ サイゼン ノ リエキ オ メザス カジ チョウテイ マデ
(学習院大学東洋文化研究叢書)

出版者 東京 : 勁草書房
出版年 2017.10
コード類 書誌ID=2001721386 NCID=BB24757708

書誌詳細を表示

本文言語 日本語
大きさ vii, 264p ; 21cm
別書名 異なりアクセスタイトル:東アジア家族法における当事者間の合意を考える
一般注記 学習院大学東洋文化研究所2015年, 2016年一般プロジェクト「親族法・相続法における当事者間の合意の効力 : 東アジアの比較家族法研究」の研究成果をまとめたもの
著者標目 稲田, 龍樹 <イナダ, タツキ>
件 名 BSH:家族法
BSH:民法 -- アジア(東部)  全ての件名で検索
分 類 NDC8:324.92
NDC9:324.92
巻冊次 ISBN:9784326403431 ; PRICE:3500円+税

所蔵情報を非表示

本館・書庫・和書
346.015/INA 0181963476
9784326403431 2017

 類似資料