このページのリンク

<図書>
Schuldvertrag und Treugelöbnis des sächsischen Rechts im Mittelalter : ein Beitrag zur Grundauffassung der altdeutschen Obligation / von Paul Puntschart

出版者 Leipzig : Veit
出版年 1896
コード類 書誌ID=2000439864 NCID=BA15623532

書誌詳細を表示

本文言語 ドイツ語
大きさ xviii, 515 p. ; 23 cm
著者標目 *Puntschart, Paul

所蔵情報を非表示

本館西書庫2F・ティーメ文庫(平日のみ利用可)
346.4303/P969 0120903736

1896
本館・書庫・洋書
347.5/P969 0022179743

1896
本館・書庫・洋書
347.5/P969 0022738465

1896
本館・書庫・洋書
347.5/P969 0023474696

1896