このページのリンク

<図書>
源信 / 大隅和雄, 速水侑編
ゲンシン
(日本名僧論集 ; 第4巻)

出版者 東京 : 吉川弘文館
出版年 1983.6
コード類 書誌ID=2000248475 NCID=BN00479365

書誌詳細を表示

本文言語 日本語
大きさ 5, 451p, 図版[2]p ; 22cm
内容注記 源信 / 石田充之著
源信和尚の別伝について / 宮崎圓遵著
源信和尚年譜 / 宮崎圓遵著
恵心僧都関係の説話について : 法華験記と今昔物語を中心として / 高橋貢著
往生要集の成立 / 井上光貞著
往生要集と往生拾因の念仏 / 稲葉秀賢著
往生要集の日本的性格 / 藤井智海著
恵心僧都と四明知礼 : 趙宋期における日中天台の交流 / 安藤俊雄著
藤原時代の浄土教 / 井上光貞著
横川仏教の研究 / 堀大慈著
慶滋保胤とその周辺 : 浄土教成立に関する一試論 / 薗田香融著
日本往生極楽記の撰述 / 菊地勇次郎著
二十五三昧会と霊山院釈迦講 : 源信における講運動の意義 / 堀大慈著
勧学会と二十五三昧会 / 小原仁著
『往生要集』における文学との接触 / 石田瑞麿著
源氏物語の宗教的精神 / 岡崎義恵著
栄花物語と往生要集 : 栄花物語雑記 / 松村博司著
恵心教の宗教体験と恵心教美術の精神 / 石田一良著
阿弥陀堂の変遷 : その存立形態・規模・宗教的機能 / 堅田修著
一般注記 内容: はじめに(大隅和雄, 速水侑), 第一章: 源信の伝記と教学(一「源信」-八「恵心僧都と四明知礼」), 第二章: 源信の周辺(一「藤原時代の浄土教」-六「勧学会と二十五三昧会」), 第三章: 源信と平安文化(一「『往生要集』における文学との接触」-五「阿弥陀堂の変遷」), 解説(速水侑, 大隅和雄), 主要資料解題, 主要参考文献
源信の肖像あり
主要参考文献: p449-451
著者標目 大隅, 和雄(1932-) <オオスミ, カズオ>
速水, 侑(1936-) <ハヤミ, タスク>
石田, 充之(1911-1991) <イシダ, ミツユキ>
宮崎, 円遵(1906-1983) <ミヤザキ, エンジュン>
高橋, 貢(1932-) <タカハシ, ミツグ>
井上, 光貞(1917-1983) <イノウエ, ミツサダ>
稲葉, 秀賢(1901-1985) <イナバ, シュウケン>
藤井, 智海(1913-) <フジイ, チカイ>
安藤, 俊雄(1909-1973) <アンドウ, トシオ>
堀, 大慈(1931-) <ホリ, ダイジ>
薗田, 香融(1929-) <ソノダ, コウユウ>
菊地, 勇次郎(1921-1992) <キクチ, ユウジロウ>
小原, 仁(1944-) <オバラ, ヒトシ>
石田, 瑞麿(1917-1999) <イシダ, ミズマロ>
岡崎, 義恵(1892-1982) <オカザキ, ヨシエ>
松村, 博司(1909-1990) <マツムラ, ヒロジ>
石田, 一良(1913-) <イシダ, イチロウ>
堅田, 修(1925-2011) <カタタ, オサム>
件 名 NDLSH:源信(942-1017)
分 類 NDC8:182.8
NDLC:HM91
NDLC:HM153
巻冊次 ISBN:4642067345

所蔵情報を非表示

本館・書庫・和書
294.32/NI 0511422186

1983

 類似資料